笑福
by ごんぎつね
自然への憧憬
八百屋ろ
ホームページは
コチラから ♪

http://www.tuchi-ro.com/


八百屋ろのオンラインショップ
コチラから

http://tuchiro.base.ec/

『八百屋ろ」
〒631-0016
奈良県奈良市
学園朝日町4-4
(tel)0742-48-1076
(fax)0742-44-3720
※近鉄奈良線学園前駅から徒歩7分

『つづきの村』
八百屋の隣の喫茶
スペースです。
喫茶・軽食あります。

Let it be
&
Take it easy
カテゴリ
全体
お総菜
有機野菜
イベント
喫茶スペース つづきの村
つつ”きの村から
醗酵・醸造・伝統食品
VEGE
お総菜
あーちゃん
いろはにほへと
未分類
最新の記事
オーバー ザ レインボー
at 2015-12-30 20:01
清水次郎長
at 2015-12-27 15:17
笑福亭
at 2015-12-26 10:23
メリークリスマス
at 2015-12-25 10:55
ラブリーチョップ
at 2015-12-23 19:56
以前の記事
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
最新のトラックバック
『椿井の女』 
from 小林 三悠 KoBayasH..
高橋秀夫さん 八百屋”ろ..
from フェルデンクライス♪カフェ 京都
検索
フォロー中のブログ
つづきの村から
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


海人情報

小さな魚屋:海人商会(うみんちゅうしょうかい)
OPEN:13時 / CLOSE:15時 
場所:八百屋ろ 駐車場
a0155343_1146304.jpg

写真のお魚は前々回の模様です
a0155343_11492962.jpg

海人商会(うみんちゅうしょうかい)ご紹介 

夏じゃなくても、海とはいいもんだ。
(特に奈良県民には海はものすごく憧れです。)
いつも鮮魚を届けてくれる海人商会の玉川さんの話です。

海人とは、沖縄の方で、漁師のことを「うみんちゅう」って言うんです。
僕は10年程、沖縄の八重山諸島の小浜島で漁師をやっていて
今は三重県のの伊勢(大王町)で「海人商会」という名で
魚を捕ったり店に卸したりしています。
 私が住んでいた小浜島は、西表島のすぐ横にある島で
人口が約500人の小さい島です。漁師といっても、大きな船をだして
大きな網で大漁に捕るような漁ではなく「サバニ」という小さな
一人用の船で漁をするわけです。
僕は主に珊瑚礁の中でのタコ捕りが専門でした。

ここでちょっとCM!
海人商会のおいしい商品のご案内
☆めひび(めかぶ)とは、わかめの胞子のうのこと。栄養満点!!

その他、干しわかめ・ひじき・あおさ・あらめ・・・・他にもいろいろ!!


(玉川さんのはなしのつづき)
海で欲張ったら絶対だめです。誰でもやっぱり大漁したいでしょう。
今日調子いいから、もうちょっと捕ろうなんて思っていると不思議なことに
そういう時に限って、怪我したり、危険な目にあったりするのです。
そういいう時はつくづく思うけど、沖縄というのは、ものすごく神崇い所で
全ての所に神がいるんですよね。
山には山の神がいて、海には海の神、木には木の神がいる。
 ああやって自然の中にいるとね、僕なんか宗教とか神様とか全く信じてなかった
人間なんだけど。自然相手に生活してると、拝むということが実感としてね。
結局、自然は人間の思うようには絶対してくれないし、
人間が自然に合わせていかないと。
たとえば、大きい船で行けば多少しけてても「行けるぞ」というのでは
なくて天気が悪けりゃ漁は行かないと。
そういうバランスがあれば「乱獲」なんてないですよね。

*上記の文は、約30年前に「八百屋の学校」で
玉川さんが話してくれた声そのままです。
[PR]
by tuzukinomura | 2014-12-01 11:47 | いろはにほへと | Comments(0)
<< 自力整体 12月 突然ラブコール >>