笑福
by ごんぎつね
自然への憧憬
八百屋ろ
ホームページは
コチラから ♪

http://www.tuchi-ro.com/


八百屋ろのオンラインショップ
コチラから

http://tuchiro.base.ec/

『八百屋ろ」
〒631-0016
奈良県奈良市
学園朝日町4-4
(tel)0742-48-1076
(fax)0742-44-3720
※近鉄奈良線学園前駅から徒歩7分

『つづきの村』
八百屋の隣の喫茶
スペースです。
喫茶・軽食あります。

Let it be
&
Take it easy
カテゴリ
全体
お総菜
有機野菜
イベント
喫茶スペース つづきの村
つつ”きの村から
醗酵・醸造・伝統食品
VEGE
お総菜
あーちゃん
いろはにほへと
未分類
最新の記事
オーバー ザ レインボー
at 2015-12-30 20:01
清水次郎長
at 2015-12-27 15:17
笑福亭
at 2015-12-26 10:23
メリークリスマス
at 2015-12-25 10:55
ラブリーチョップ
at 2015-12-23 19:56
以前の記事
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
最新のトラックバック
『椿井の女』 
from 小林 三悠 KoBayasH..
高橋秀夫さん 八百屋”ろ..
from フェルデンクライス♪カフェ 京都
検索
フォロー中のブログ
つづきの村から
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

十七夜

十七夜
うっすらと
絹の飛沫
銀色にして
私に降っている

凍てつく身に
悲しみがひとひら
重なるように
また
ひとひら

十七夜
うっすらと
あなたはすでに
それだけ隠れてしまって

私に降った悲しみは
渇いて
見えなくなりました
[PR]
by tuzukinomura | 2010-03-31 01:42 | つつ”きの村から | Comments(0)

そこにあるものを食べる~ぼくたちが子供だった頃~

「むがじは 手かずをかけて うみゃーもん こさぁあだもんよ」農家の縁側でお茶をいただきながらおばあちゃんが言った。僕の小さい頃は毎日毎日同じ様なご飯ばっかりだった。春ともなれば筍。来る日も来る日も竹の子だ。たけのこご飯に煮物、味噌汁の中にもたけのこである。そんなのがしばらく続く。よっぽど飽きた頃いつの間にかなくなる。出盛りのものを上手に料理していたのですね。どこの家でも同じで町角に立てばおなじ匂いがしたものです。
まだ、電信柱が町で一番高い頃のことだ。

 僕達が子供だった頃
 鳥になることもできた
 犬になることもできた
 
 僕達が子供だった頃
 空になることも
 海になることもできた 

 道路に描いた汽車に乗って
 旅することもできた 

近頃ではそんな話しもめったに聞かない。
小さな我が店でも百ほどのおかずが出来る野菜がある。
メニューを決めてくる方が最近では多いが八百屋の店先で献立を考える方もいます。店にとっては嬉しいことである。
台所はせわしないかもしれませんが買い物が結構楽しみになるものです。
ここの店でも時により大量に野菜が届くこともある。
最近では小松菜、わけぎそれにたけのこである。
そういう時は結構安いし、うまい。
これだけでずいぶんなおかずができる。
ハンバーグ、鍋と決める前にまず店先をのぞいてみるといいですよ。
八百屋の隣の喫茶つづきの村では土日月のメニューはわけぎ丼となった。
至極簡単なものでだし醤油にごま油を入れ
小口切リにしたわけぎに合え、アツアツのご飯にのせるだけ。
なんともうまい。
農家にとにかくわけぎをたくさん食べる時はこれに決めていると聞いた。
これは家族の食卓だけでなくそれこそ畑まで嬉しくなる食事なんです。

 僕達が子供だった頃
 太陽にあいさつし
 月に願いをかけ 雲にうちわけ話もできた
 星のワッペンを手に入れることもできた

そこにあるものを大事にいただく。それで十分。(ひで)
a0155343_159276.jpg
a0155343_23289.jpg

[PR]
by tuzukinomura | 2010-03-30 00:32 | つつ”きの村から | Comments(0)

今日から割引セール!

八百屋は29日・30日・31日の三日間一割引セールです。
(除外品あり)
a0155343_28315.jpg

[PR]
by tuzukinomura | 2010-03-29 15:07 | 有機野菜 | Comments(0)

つづきの村から「空に」その1

星座図鑑を買った
暗いところでも光る本だ
自分の居る場所と時刻を合わせると
見上げる空の星ぼしがわかる
夜空のガイドブックだ
少々照れくさいのでひそかに持ち歩いている
昔、幾度となく星空を見上げ、詩人のようになったものだ
きっと、誰にでもある思い出

僕の空
私の空
初めての家出
越後、親知らず子知らず
夜の深さの暗緑色の沈黙

月の満ち欠け
深々とにび色の妙なる月光
月を見る
月が見る
時空、四次元の闇と光
空と僕との間にあるおびただしい不可思議に
自分が一つの小さな星であることに気ずく
私が月を見る
月が私を見る

空は普遍の(不変)の時を告げ
地上に放つ光の数々はどれほどに私達が変ろうとも
光つつ”けている
全ての私達は
空になり星になり
私を照らし
私を見る
私は鈍く光り、時に明滅する

月の光
星ぼしの輝きと明滅は膨大な歴史のひだ
滴り、明滅しながら深く広がる







『空に」(その1)から
[PR]
by tuzukinomura | 2010-03-20 22:29 | つつ”きの村から | Comments(0)

土日月は定食あります。夜は酒場に。

a0155343_12332587.jpg


「今日の定食」
玄米ごはん-コーヒー付き1200円
グレのフライ・タナゴの豆乳スープ・玄米(黒米・赤米・もち米入り)・漬物
~全て農薬は使ってません。無添加調味料使用~

「おすすめ」
圭子さんの焼き菓子セット650円~飲み物付き
オーガニックタルトセット650円~飲み物付き

夜は11時まで営業(土日月)
090-7362-6215(ひで)
[PR]
by tuzukinomura | 2010-03-20 12:51 | 喫茶スペース つづきの村 | Comments(0)

墨字画本いろはにほへと

秀さんが書いた随筆の一部が本になってます。
15年ほど前に出たものですが今でもその文章は多くの方に読み継がれています。
改めてお知らせします。
秀さんは他に「つつ”きの村から』というタイトルの随筆もかいています。
この「いろはにほへと」は秀さんの文を今は亡き書道家の松本氏が書で書かれたものです。書の作品集としても大変貴重な本です。
a0155343_16555047.jpg

定価3000円
原画は松本さんの手書きの書で、24枚あります。
原画展開いていただけるようでしたら是非お願いします。
本は喫茶つつ”きの村にあります。
a0155343_21262572.jpga0155343_2127944.jpg
今、お買い上げの方に「るこう草』の種さしあげます。秀さんの詩「るこう草が咲いた」
が入っています。
[PR]
by tuzukinomura | 2010-03-18 16:55 | いろはにほへと | Comments(0)

ジャズライブ


寿トリオの2回目のライブ。
今回もフルートの寺井智子さんをむかえてのライブ。
ひでさんとの朗読セッションも見ものです。ご飯も酒も旨いから嬉しい!a0155343_0393560.jpga0155343_0401518.jpg
3月27日土曜日6時30分
チャージ2000円{ワンドリンク付き}
予約~0742(48)1076ブログに予約ok!
[PR]
by tuzukinomura | 2010-03-18 00:13 | 喫茶スペース つづきの村 | Comments(0)

藤村くんが来ると春になった知らせなんだ

a0155343_2346615.jpg

藤村くんは秀さんの30年来の知り合いでここで八百屋を開店する前からの付き合いです。榛原で農業をしながら旅したり、環境問題のことを深く考えている男です。
このごろは春になると自分で作ったものを届けてくれます。
今回は雑穀です。農薬に頼らず手間のかかる昔からの方法で作っている。
是非、食べてくださいね。実に真面目な男、味は素朴だが不思議と深いやさしいものが食べていると感じます。からだの中が嬉しそうにする様子がするようでいい。
[PR]
by tuzukinomura | 2010-03-17 23:44 | 有機野菜 | Comments(1)

筍入りました。

わけぎを出してくれている奈良坂の梨木さんより。
㌔1800円
まだ少しです。
a0155343_22495463.jpg

八百屋さんが茹でたたけのこもあります。㌔2500円
[PR]
by tuzukinomura | 2010-03-15 15:05 | 有機野菜 | Comments(1)

小槙さんから春のオレンジ

a0155343_1522469.jpg

有田の小槙さんから甘夏、デコポン、三宝柑、金柑,キィウイ、入りました。
みんな農薬は使ってません。
[PR]
by tuzukinomura | 2010-03-13 01:58 | 有機野菜 | Comments(1)