笑福
by ごんぎつね
自然への憧憬
八百屋ろ
ホームページは
コチラから ♪

http://www.tuchi-ro.com/


八百屋ろのオンラインショップ
コチラから

http://tuchiro.base.ec/

『八百屋ろ」
〒631-0016
奈良県奈良市
学園朝日町4-4
(tel)0742-48-1076
(fax)0742-44-3720
※近鉄奈良線学園前駅から徒歩7分

『つづきの村』
八百屋の隣の喫茶
スペースです。
喫茶・軽食あります。

Let it be
&
Take it easy
カテゴリ
全体
お総菜
有機野菜
イベント
喫茶スペース つづきの村
つつ”きの村から
醗酵・醸造・伝統食品
VEGE
お総菜
あーちゃん
いろはにほへと
未分類
最新の記事
オーバー ザ レインボー
at 2015-12-30 20:01
清水次郎長
at 2015-12-27 15:17
笑福亭
at 2015-12-26 10:23
メリークリスマス
at 2015-12-25 10:55
ラブリーチョップ
at 2015-12-23 19:56
以前の記事
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
最新のトラックバック
『椿井の女』 
from 小林 三悠 KoBayasH..
高橋秀夫さん 八百屋”ろ..
from フェルデンクライス♪カフェ 京都
検索
フォロー中のブログ
つづきの村から
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

つづきの村の予定


#八百屋の隣は喫茶つづきの村~買い物帰りにコーヒーなどどうぞ!土日月は夜11時まで                             ・

  
  #つづきの村のイベント
        7月24日(土曜日)18時30分~ 2000円(ワンドリンク付)
        おーまきちまきライブ
                  おーまきちまき(歌、アコーデオン)
                  はるまげん(ピアノ)
                  ゲストーこ山さとし(歌)・高橋秀夫(詩)


        #当日、食事できます。オーガニックビール、自然酒、無添加ワイン有り                       
        #予約、お問い合わせ 0742-48-1076(八百屋ろ)


  #8月1日(日曜日)14時~ 10分間の小宇宙「朗読の場vol2」無料
   8月22日(日曜日)占いの日vol5 13時~1500円(ワンドリンク)時間予約ok!
   8月29日(日曜日)アンソロ詩”vol5 「からだとことば」無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
〔ヒデさんの移動販売〕

火曜日‐帝塚山・松陽台・右京・東大寺・椿井町・JR奈良ー
水曜日ー東大阪枚岡・石切ー。
木曜日ーつどいの広場朝市・ヤナギフィールド野菜市・松陽台・帝塚山ー
金曜日‐郡山・松陽台・帝塚山・橿原・田原本ー
    引き売りご希望の方はお問い合わせ下さい。0742-48-1076八百屋ろ
[PR]
by tuzukinomura | 2010-07-22 00:42 | つつ”きの村から | Comments(0)

17年前の八百屋がNHKで放映

17年前の八百屋ろが見れます。 
 
    7月17日(土曜日)朝5時15分~5時50分
    NHK総合2ch「かんさい想い出シアター」
    {17年前に~夢を織りなすマイタウン~というタイトルで学園前周辺を記録したもので
     八百屋ろも紹介されました。当時と現在の映像を加え、時の推移と人々のありようを
     伝える番組です。}

 この映像は八百屋ろがこの地で始めて10年目の時でした。ちまみにヒデさんは41歳。懐かしい人たちや他界された方も映し出され感無量であります。時間にしたら5分ほどの記録ですが若く,無我夢中で仕事に没入する姿はいいものであると思い起こすのである。映像の中に登場した中で今はその姿がない所も出てきて、改めて17年という歳月の推移を考えさせられました。
 28年目になる八百屋.NHKの記者にこう聞かれました。
「これからの夢は?」
はて、夢を追って走り続けてきた。目的地などなかった日々。これから・・か、と。
「夢をかたちにすることかな・・」
僕たちの父や母が営々と重ねてきた日々の暮らし、その尊い行為の中に今の僕たちがいる事。そのことを足元にいる人らに伝えていく、決して途切れることのないようにである。
その日その日を心ゆくまで暮らすことの大切さを忘れないように。
 
 17年前にこんな詩をかいている。

              何もかもが今のいま

    ふでばこに時間を消せる消しゴムないかしら
    あるわけない
    あるのは今のいま

    なにもかもが今のいま 
    昨日のケンカも明日の仕事も学校も
    去年のツケも宿題も  
    なにもかもが今のいま
    
    腰の痛みも泣き虫も
    捨てて切られし恋仲も
    なにもかもが今のいま

    顔のニキビも水虫も
    朝の小雨も風向きも
    なにもかもが今のいま

    昨日も明日も明後日も
    隠しつづけた絵日記も
    なにもかもが今のいま
 
    みんなまとめて今のいま+


a0155343_14191428.jpg


 この時、夜に開いたイベントもNHKが記録して放映されなかった番外編というのがあります。「書と詩と音~松本碩之遊墨の世界」という催しで高橋秀夫が詩を朗読し、池口由起子さんがハープで音をつけ、松本さんが書を書くというもので、いまは亡き松本碩之さんの貴重の映像です。
 ご覧になりたい方は7月18日(日曜日)~占いの日~につづきの村で見れます。

占いコミュニケーション
  ただ占うだけではなく、占いを使って自分を見つめませんか?
  誕生日「数秘術占い』・タロット占いを使い、対話の中 からあなたを見つ  めます。

7月18日(日曜日)13時~
1500円(ワンドリンク付き)30分
予約受付中 0742-48-1076八百屋ろ

「うなてたけし」~音楽家
 ここ数ヶ月、ろ、で占いを月一度やらせてもらっている。15年くらい前に数秘術の占いを友達やらとはじめ、タロットもはじめた。インドに行って占い師にあって、いろいろ、感じたのが今の指針となっている。
 占いは予言ではない。縁をさぐる一つのものの見方だとおもう。あらゆるものは必然であり、その必然から最大限のメッセージを受け取ることが、人生の豊かさだと僕はおもっている。占いはそんなものの見方の一つの提案であるとおもっている。僕は、占いを通じ相手の人と対話することが楽しい。僕自身、人間の知はあらゆる摂理への反抗というものも素晴らしき才だとおもっている。占いによりでてくる物語を超える力は十分に備わり、逆にそうやって力強く生きることも意義深いと思う。
 人生は瞬間瞬間に変化する、しかし、僕たちの思考はその変化を見過ごしがちな傾向にある。少しでも、自分の変化を観察できるきっかけに占いがなればとおもう。
 当たるも八卦、当たらぬも八卦、ただ、僕があなたと出会ったことは必然で意味があり、それはあなたにとっても然りであるとおもう。そして、この文章に目を通したことにもメッセージがあるものだとおもう。というのは、
 縁を生かすも殺すも自分次第である。そして、豊かに学びが起こるのは縁を生かした場合だと思う。それは、仕事や出会い、何においてもそういえるとおもう。

 まあ、占いというものも面白い自分を見つめる手段だとおもう。
 
「つづきの村催し案内」

7月24日(土)おーまきちまきライブ 18時30分  2000円ワンドリンク
       &ハルマゲン (ピアノ) 
     「久しぶりのちまきちゃんです。美しい歌声をどうぞ!」
       ゲスト 小山さとし(歌) 高橋秀夫(詩)

8月1日「日」 朗読の場 14時~
[PR]
by tuzukinomura | 2010-07-12 14:19 | 有機野菜 | Comments(0)

たったひとつ願いが叶ったら・・七夕に素麺

星まつり・半夏生・たなばた・梅雨
a0155343_12302016.jpg

「七夕の素麺」
七夕に素麺 を供えるという風習の残る地方があります。
 
これは中国の古い言い伝えで、昔、高辛子という悪童がいて、7月7日に死んで小鬼となって疫病を流行らせました。この小鬼が生前に素めんを好んで食べたというので、七夕には素麺を供えて祀り、この日素麵を食べれば疫病にかかることをのがれるといわれていました。

 坂利屋〔東吉野村〕の吉野葛入り素麺 250g 453円 


 空 見たか

月は半月 失くした半身
 タケハ オオキク 二十日デ 男
 タケノ ナカニ ニョゴ ハラミ

 梅雨の空から織姫さまのしとしと泪
 ツメタイ ケド 傘 トジテ
 合間に銀河の星まつり

 田んぼの水に彦星さんと織姫さま
 サオトメハン 田ノ カミ オコルシ ミズ ヒケヨ
 老婆の鋤で田がゆれる

 天の川に出会い橋
 ササフル ニョゴ 二 コオニ モ ニゲタ

 アナタ二 アエテ ヨカッタ

 神の衣を織る棚機女(たなばたつめ)、これが中国の織姫伝説に重なったのではと折口信夫。裁縫の上達を願う時代ではないが竹の神性(わずか三月で親竹になり、その身の中に空洞を成す。子宮である。)また、弓と矢にもしたし、その笹は邪気を祓うとされた。この男女の特性、魔力を持つ竹に願をかけるのだから願いは叶いそうだ。古書によると「富と長寿と子の三つの中から一つだけを乞う」と書かれているが今の時代なら何だろう。
 


7月の予定

 7月18日(日曜日)うなてたけしの占い
 13時~時間予約可
 1500円(ワンドリンク付き)
 
 7月24日(土曜日)おーまきちまきライブ~はるまきちまき~
 18時30分
 2000円(ワンドリンク付き)
     おーまきちまき(歌・アコーデオン)
     はるまげん(ピアノ)
     ゲスト
        小山さとし(歌) 高橋秀夫(詩)
[PR]
by tuzukinomura | 2010-07-05 12:33 | Comments(0)