笑福
by ごんぎつね
自然への憧憬
八百屋ろ
ホームページは
コチラから ♪

http://www.tuchi-ro.com/


八百屋ろのオンラインショップ
コチラから

http://tuchiro.base.ec/

『八百屋ろ」
〒631-0016
奈良県奈良市
学園朝日町4-4
(tel)0742-48-1076
(fax)0742-44-3720
※近鉄奈良線学園前駅から徒歩7分

『つづきの村』
八百屋の隣の喫茶
スペースです。
喫茶・軽食あります。

Let it be
&
Take it easy
カテゴリ
全体
お総菜
有機野菜
イベント
喫茶スペース つづきの村
つつ”きの村から
醗酵・醸造・伝統食品
VEGE
お総菜
あーちゃん
いろはにほへと
未分類
最新の記事
オーバー ザ レインボー
at 2015-12-30 20:01
清水次郎長
at 2015-12-27 15:17
笑福亭
at 2015-12-26 10:23
メリークリスマス
at 2015-12-25 10:55
ラブリーチョップ
at 2015-12-23 19:56
以前の記事
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
最新のトラックバック
『椿井の女』 
from 小林 三悠 KoBayasH..
高橋秀夫さん 八百屋”ろ..
from フェルデンクライス♪カフェ 京都
検索
フォロー中のブログ
つづきの村から
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

~土の匂いのする仕事~30年目のお祭り『収穫感謝祭』

30年目の収穫感謝祭
11月20日は30回目の収穫祭。去年も登場したチンドン屋が練り歩き、新米でおもちつきをして今年の収穫に感謝しましょう。八百屋の店先では野菜市や農家、メイカーさんによる実演販売やフリーマーケツト、隣のつづきの村では「お祭り定食」、ハーブの相談や10分占い。ゲストのおーまきちまきとはるまげんのライブと楽しい催しがいっぱいです。
(手伝ってくれる方募ってます。0742-48-1076)
a0155343_19201220.jpg


土~土の思想~
a0155343_1464343.jpg


a0155343_2324011.jpg

便利、早い、安い、かっこいい・・30年ほど前私達の生活スタイルは何でもそんなラベルが張り付いていた。町に暮らし、土の匂いのする仕事をしたいと考えていた僕たちはあふれるそんな標語ではない価値観を探した。それが泥付の野菜だった。「やさしさ」という価値を教えてくれた。それは町の流れとは違ったものだった。不便で時間がかかり、安くにはできないし見た目も悪い。が、これがいい、町に村を創るようなことだった。そう、ほとんど相手にされなかったけどね。古臭い時代遅れの輩と。
手から手と手渡していくことって面倒で時間もかかるけどごまかしたり、嘘ついたりしないから何だか気持ちいいもんです。「やさしさ」って関係なんですな。人と人、人と自然、今なら聞き飽きるほどのことだけど一昔だと鬼っ子みたいな妄想家と思われたよ。
それでも畑にはいつくばって作る百姓の手から届く野菜は不思議な力がありました。「やさしさ」だったんですね。
今ではどこでも並ぶ農薬のない野菜ですがやさしさはちゃんとあるかしら。
あなたの食卓からやさしい町角が人が見えてますか・・・

30年目にふと振り返った。


a0155343_1313992.jpg


糸瓜
店の周りを縁取っていたぶどうや時計草が日に日に枯れおち、ずいぶん窓越しの眺めもすっきりし、からからと秋めく様は何ともさびしものである。
それでも、枯れ色にまじって黄色い糸瓜の花と真っ赤なるこう草が目をひく。へちまは果実から繊維が取れることから糸瓜(いとうり)と言われ、いろは歌で「へ」と「ち」の間にあるからへち間と言われたそうだ。花が散ると実がなる、それも日に日に大きくなりぶらりと成る。
若い実はおひたしや沖縄のナーべラ料理のようにして食べるそうだ。店の実を食べたことはないが身体を洗うへちまたわしは一昨年も作った。今年は根元からとれるへちま水、美人水と言われるそうだがその化粧水をとろうと思っている。
糸瓜の黄色い花、真っ赤な星の形のるこう草。道行く人の顔がほころぶ朝。
いってらしゃいって。
a0155343_22431340.jpg

a0155343_1402410.jpg



11月3日(祝)「なら音楽の祝祭」参加ライブ
 
 つづきの村投銭ジャズライブvol3
~音楽・詩・舞・~
   18時30分
   ワンドリンクオーダー制 
 出演 寺井智子(フルート)瀬畑雅章(パーカッション)服部広樹(ピアノ)
    ゲスト あや(舞)うなてたけし(音)高橋秀夫(詩)


a0155343_1271184.jpg



11月12日・13日・14日
ひまわりの家(福祉作業所)作品展~展示即売会~vol3

11月26日(土)2時~4時
ハーブ講座vol3
『コマンダー作り』
 1500円(お茶・ケーキ付)

つづきの村のごはん
土日月限定 予約制
a0155343_1585913.jpg

梅コロッケ 定食1500円

a0155343_15017100.jpg

かますのフライ 定食1500円

a0155343_1521950.jpg

まなじのフライ 定食1500円

a0155343_154291.jpg


定食~ご飯(有機米)・副菜2~3品・サラダ・汁・漬物・コーヒー付 1500円
   要予約 0742-48-1076
蕎麦(出雲生そば) 840円
茶粥(前日予約)  

タルトセット 650円

a0155343_1555577.jpg


2012年おせち注文受付中!
 
a0155343_17333613.jpg

今年は限定のお重セットあります。26500円(2~3人分)お早めにご注文ください!野菜、鮮魚、ぶり、かに、お肉などは別紙にてご案内します。0742-48-1076八百屋ろ
a0155343_2142460.jpg

お待ちしてます。
[PR]
by tuzukinomura | 2011-10-27 22:48 | つつ”きの村から | Comments(1)

深々と思い、考えましょう

a0155343_22364654.jpg

今年もるこう草が咲きました。
梅干も漬け上がり、初めて仕込んだまたたび酒もきれいな琥珀色になった。
青々と窓を縁取っていた葉も一つ二つと落ち、からからと秋めく風にゆられてる。
少し、見通しがよくなった窓に真っ赤なるこう草が見える。ぶどうや時計草の葉が落ちて現れる様は衣を解いた仏のようでさえある。その鮮やかな赤い星のような花を眺めているとこんな声が聞こえてきた。
「深く思い、深く考えなさい」と。

第二回ハーブ講座 10月22日14時~16時
 『自分で作る化粧水~ハンガリアンウォーター』

a0155343_181453.jpg


梅コロッケ~雑誌savvy11号に紹介されました。
a0155343_1283066.jpg

肉ではなく、梅干を練りこんだオリジナル。
つづきの村で「梅コロッケ定食」有機無農薬玄米(赤米入り)、小皿副菜2~3品、汁、サラダ、漬物(1500円(コーヒー付)。要予約0742-48-1076

梅コロッケに練りこんでいる自家製梅干~吉野萩本さんの南高梅を海の精で漬けました。
a0155343_1501845.jpg

200g800円



『秋になった八百屋」
農業高校の柿が来ました。今年も落葉病で実熟が早く、収量はほとんどない。今が食べ時です。さつま芋、里芋、蓮根が秋山郷からきて、地元の青菜は遅れてて品薄。りんごは津軽から紅玉、秋映になっていきます。白菜、大根が待ちどうしいですね。そう、やっぱり秋山郷のキノコが美味しい時です。



つづきの村文芸シリーズ

a0155343_2237296.jpg

つづきの村文芸シリーズ

 『ふたつの語り』
 10月8日(土曜日)18時30分
 投げ銭(ワンドリンクオーダー制)
 つづきの村(やおやろの横)0742-48-1076
 出演
   「高瀬舟」森鴎外
   Erika(朗読) 服部広樹(ピアノ)
   「おじいさんのランプ」新美南吉
   高橋秀夫(朗読)  うなてたけし(音)


ハーブ講座その②
a0155343_2238193.jpg


ハーブ講座その②
  『自分で作る化粧水~ハンガリアンウォーター~』
 10月22日(土曜日)14時~16時
 1500円(飲み物・ケーキ付)
     *化粧水は別途実費
 定員10名
 講師 剣持正晴(ハーブ研究家)
 つづきの村0742-48-1076

うなてたけしの占い
a0155343_22384271.jpg


うなてたけしの占い
  10月23日(日曜日)13時~20時
  1500円(お茶付)
  時間予約ok!
  *占い教室 各5000円(食事付)全5回
   3~5人のグループでしています。
  つづきの村0742-48-1076

2011年30周年の収穫祭 11月20日(土曜日)
a0155343_132760.jpg


臨時休業のお知らせ
10月29日、30日
[PR]
by tuzukinomura | 2011-10-06 23:16 | 喫茶スペース つづきの村 | Comments(0)