笑福
by ごんぎつね
自然への憧憬
八百屋ろ
ホームページは
コチラから ♪

http://www.tuchi-ro.com/


八百屋ろのオンラインショップ
コチラから

http://tuchiro.base.ec/

『八百屋ろ」
〒631-0016
奈良県奈良市
学園朝日町4-4
(tel)0742-48-1076
(fax)0742-44-3720
※近鉄奈良線学園前駅から徒歩7分

『つづきの村』
八百屋の隣の喫茶
スペースです。
喫茶・軽食あります。

Let it be
&
Take it easy
カテゴリ
全体
お総菜
有機野菜
イベント
喫茶スペース つづきの村
つつ”きの村から
醗酵・醸造・伝統食品
VEGE
お総菜
あーちゃん
いろはにほへと
未分類
最新の記事
オーバー ザ レインボー
at 2015-12-30 20:01
清水次郎長
at 2015-12-27 15:17
笑福亭
at 2015-12-26 10:23
メリークリスマス
at 2015-12-25 10:55
ラブリーチョップ
at 2015-12-23 19:56
以前の記事
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
最新のトラックバック
『椿井の女』 
from 小林 三悠 KoBayasH..
高橋秀夫さん 八百屋”ろ..
from フェルデンクライス♪カフェ 京都
検索
フォロー中のブログ
つづきの村から
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大デビューー

おばんです

本日より
改めて八百屋ろ
デビューしていただいたのは ☆

大好きです
信頼してます

a0155343_19283063.jpg

大阪の心斎橋に、日本の芸能の方々・在日の方々にも深く
愛された「若松」という老舗天麩羅屋がありました。
現在、大阪(心斎橋)の意図に合わず
そして、3月11日の半年後に二代目女将自身
倒れたのを機に 「生きる」 大切さを改めて実感し
大阪の心斎橋をあとにした
「通称:大阪のおかん」とよばれる
二代目若松、女将:堀越由美子がセカンドステージとして
歩みだしました
a0155343_1940495.jpg

その一歩目が、代々若松に受継がれてきた
「松の香華」 じゃこ山椒の佃煮を
通じて若い世代に
「世の中の風流の文化」を伝え歩くことです
a0155343_194163.jpg

「松の香華」は、奈良県澤田酒造の特撰料理酒
奈良県五條市の生きているナカコ醤油のみを
使用したシンプルながらベストな味わいです
 じゃこを3日3晩天日干しにし、その時々
漂う風土・じゃこ・山椒と会話し
全て一人で手作業でつくられた逸品です
a0155343_19443661.jpg

a0155343_19475670.jpg

「大阪のおかん」より

ごはんによく合うおそうざいでございますので
あつあつ ごはんにふりまぜたり
お茶漬けに、おにぎりに、ちらし寿司にまた
おつまみとしてお好みにあわせて
ご賞味ください
☆ お茶漬けの場合は、煎茶にあい
   おもてなしの際にもお薦めいたします

☆山椒の効用
「悪気を下し、宿食を治す。胸隔をゆるめ
虫積を遂い肺を温め、胃を健とす」
と本朝食艦に伝えられているように
内臓の働きを活発にっせる薬草です。
ピリッとした風味をお楽しみ下さい

扱わせて頂く事になり
感謝



a0155343_2043551.jpg

つづきの村の各種イベント
お待ちしております。
予約してください菜☆

a0155343_219039.jpg

ついつい追記

ただいま

鹿野園の三銃士(お百姓)
(水越さん・北村さん・源さん)
とひでさんによる

2月23日(日)
民族映像文化研究所の上映会
打合せがはじまりました
「寝屋子」
古民家:ろっきゃお 
(奈良のアチックフォーラム会場)

三銃士とつくった
ろっきゃお沢庵も
おたのしみに ☆
[PR]
by tuzukinomura | 2014-01-28 20:17 | 醗酵・醸造・伝統食品 | Comments(0)

うれしいきたーーー

おばんです

ちと前に何度も飲み交わした仲間から
「熟成酒粕」入荷決定しました ☆

a0155343_19515722.jpg

会津喜多方 大和川酒造
かつて 奈良から移住した蔵であります
江戸時代中期の寛政二年創業以来
現在九代目のうまくちの酒(弥右衛門)の熟成酒粕

喜多方の夜空とおなじ栄養満天なんじゃ ☆///


アンドウ
今年も
おいしい巻き巻き
予約受付STAR☆T!!!

a0155343_2011493.jpg


大風邪が流行っております
こまめな手うがい(気になったら)を
お薦めします

芯からあったま炉 

ついつい追記

磯城野高校(旧 田原本農業高校)
園芸部の作品
「さいてるよ」 あります
a0155343_203249100.jpg

菫もね
[PR]
by tuzukinomura | 2014-01-24 20:04 | つつ”きの村から | Comments(0)

つづき(手前COBOみそつくり)募集中

こんばんわ


いま、ひっぱりだこで
なかなか開催できませんでしたが
COBOでススメ」のつづき
決定いたしました


今回は
手前COBOみそ作ろう」編
a0155343_2014152.jpg

15年前から菌に寄り添って暮らしていくうちに
偶然であったカラダが喜ぶおいしい菌叢(在り方)
「新しくどこか懐かしい姿の家族(ウエダ家)」の
「新 手前COBOみそ」
是非、この機会に教えていただき
家々が蔵のようにまたなっていけたらいいなっと ☆//

日時:3月15日(土)
時間: 午前11時~午後2時
講師: COBO㈱代表/ウエダ家の父
     植田夏雄 氏
参加費:5,000円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 別途 ウエダ家お薦め琺瑯容器の
  御注文承ります
サイズ:12.4 ×12.4 × 11.8
容量 :1.2L
価格:1,800円(税込)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内容 : 仕込みの実習 (レシピ付)
      おにぎりセットで植田夏雄 氏を
      囲んで昼食
持ち物: 三角巾・エプロン・筆記用具

*上記、琺瑯容器購入されない方は
  同程度のタッパー等容器をご持参ください菜

場所: つづきの村(おいしいお店 八百屋ろ横)
定員: 15名
*定員になり次第締め切らせていただきます

*ウエダ家さん? COBO ?
インターネットにて「COBO」で検索してみてください菜

問合せ先: 八百屋ろ (高橋舞)タカハシマイ

COBO × 風土プロジェクト VOL、3

菌から学ぶ
「結」のような忘れたくない
日本の姿を食を通じて
伝えていきたい

a0155343_20222520.jpg


追記

きのう大阪のオカン(若松・女将)が足を運んでくれました

本気でこう言われました

「世の中 風流の文化が消えている」っと

若い世代にすこしでも
これから受け継いでいきたいっと

*************

「渋い」 

これがひとつの日本の象徴だと。

*************
[PR]
by tuzukinomura | 2014-01-22 20:13 | つつ”きの村から | Comments(0)

うおーーい

おばんです

a0155343_19314446.jpg

「鬼はうち 福はうち」だって

アンドゥ

どーぞ どーぞ 

「つづきの村のココロの体操」

☆うなてさんの占い☆
ラッキーアシタ まだ 占ってもらえるんるん ☆
1,500円(ワンドリンク付) 
*電話にて予約してください菜
*アシタは 17時迄

☆稲村先生の自力整体☆
1月20日(月)
時間:AM10時~AM11時半
参加費:2,000円
持ち物:長めのショール

1月25日(土)
時間:AM10時~AM11時半
参加費:2,000円
持ち物:長めのショール

追記

あした 18時から
「つづきの村」 遊びにきてください菜

きっと たのしいZOO ☆

ついつい追記

「今オススメ」

近江&淡路島の
紅白翁蕪の甘酢漬 

磯城野高校の白菜
で漬けた八百屋の白菜漬

栄養満天 うの花

台所大事」が基 っとさっ ☆
[PR]
by tuzukinomura | 2014-01-17 20:00 | いろはにほへと | Comments(0)

水仙でいっぱい

おばんです

HONDA HONDA
の今日この頃

ひとつ知りました ☆

今、おいしい島キャーー別を
届けて頂いている
南あわじ島の森本さん(73歳)の
畠の山のむこうは

いま

水仙でいっぱい 。

a0155343_19535181.jpg





いつも ひとこと ふたこと・・・

店主より 今日のよんでみようワッ ♪


a0155343_19483071.jpg


アンドゥ

道尾さんの大蕪ぎゃ
揚げさんと炊いたら
おいすぎなんです

a0155343_19592034.jpg


んで

あれから19年だとさっ ☆///
[PR]
by tuzukinomura | 2014-01-16 20:03 | 有機野菜 | Comments(0)

~望~

おばんです

店主に何と読むと思う?

っと聴かれ

「のぞみ」っと答えると

見事 はずれでした

33年目の夢に
マンモスが
でてきそうな夜

a0155343_20344036.jpg

a0155343_20372812.jpg

あしたは
伊勢・波切の
海人商会(通称:たま)の
初売りの日


ここがちがうんです
明日きてくれます 海人商会の玉川さんのはなし

夏じゃなくても、海とはいいもんだ。
(特に奈良県民には海はものすごく憧れです。)
いつも鮮魚を届けてくれる海人商会の玉川さんの話です。

海人とは、沖縄の方で、漁師のことを「うみんちゅう」って言うんです。
僕は10年程、沖縄の八重山諸島の小浜島で漁師をやっていて
今は三重県のの伊勢(大王町)で「海人商会」という名で
魚を捕ったり店に卸したりしています。
 私が住んでいた小浜島は、西表島のすぐ横にある島で
人口が約500人の小さい島です。漁師といっても、大きな船をだして
大きな網で大漁に捕るような漁ではなく「サバニ」という小さな
一人用の船で漁をするわけです。
僕は主に珊瑚礁の中でのタコ捕りが専門でした。

ここでちょっとCM!
海人商会のおいしい商品のご案内
☆めひび(めかぶ)とは、わかめの胞子のうのこと。栄養満点!!

その他、干しわかめ・ひじき・あおさ・あらめ・・・・他にもいろいろ!!
明日のおたのしみ

(玉川さんのはなしのつづき)
海で欲張ったら絶対だめです。誰でもやっぱり大漁したいでしょう。
今日調子いいから、もうちょっと捕ろうなんて思っていると不思議なことに
そういう時に限って、怪我したり、危険な目にあったりするのです。
そういいう時はつくづく思うけど、沖縄というのは、ものすごく神崇い所で
全ての所に神がいるんですよね。
山には山の神がいて、海には海の神、木には木の神がいる。
 ああやって自然の中にいるとね、僕なんか宗教とか神様とか全く信じてなかった
人間なんだけど。自然相手に生活してると、拝むということが実感としてね。
結局、自然は人間の思うようには絶対してくれないし、
人間が自然に合わせていかないと。
たとえば、大きい船で行けば多少しけてても「行けるぞ」というのでは
なくて天気が悪けりゃ漁は行かないと。
そういうバランスがあれば「乱獲」なんてないですよね。

*上記の文は、約30年前に「八百屋の学校」で
玉川さんが話してくれた声そのままです。
[PR]
by tuzukinomura | 2014-01-13 20:40 | 有機野菜 | Comments(0)

ちび

こんにゃんわ

a0155343_15165976.jpg


まもなく

a0155343_1515412.jpg

a0155343_15181514.jpg


あったま炉
a0155343_15191578.jpg


a0155343_15333562.jpg


福は内 鬼は内
a0155343_16274998.jpg


☆ うれしい菜 あんで ☆ 
[PR]
by tuzukinomura | 2014-01-11 15:20 | 有機野菜 | Comments(0)

ひでさんの伝言板VOL、1

おばんです

「初」伝言板です


a0155343_19553777.jpg

小さい字の文章と箇所は



正月のテレビで30歳の社会学者が
70年代、80年代の都市、山村の姿を分析
解説しているのを見た。
その学者氏は当然、その時代を生きていない。
造反有理、白、くろがはっきり見え自分が
どこに居るかを問われた時代。
各々のエネルギーは
「このままじゃダメだ」という
ぶ厚くそびえる「時代」にあらがった。
そして「夢」を描いた。
自分の目とカラダで世界を知る為
歩き他火をした。
 その社会学者の父や母たちが
くぐりぬけてきた時代。
彼はくくるように解説する。

終りでもなく、推移していく
心のあり様が
変化してきた
「風」のような不気味な
空気は今も止むことなく
その流れがつづいている。


今、個 として自分を現す時なのか。

「2014年~春~よりスタート」

<奈良民俗文化研究所>

時代が社会を生み出してきたのか
社会が時の推移と共に
人々を変化させてきたのか
その時、人はどんな思いで
生きてきたのか。
市井に暮らした人々が
つくりあげてきた
生活文化を学んでいきたい。
そんな思いで有志が集い
奈良に生まれました。
所長は鹿谷勲(シカタニイサオ)氏

っと ☆///

エスキモーでした 
[PR]
by tuzukinomura | 2014-01-09 19:55 | つつ”きの村から | Comments(0)

謹賀新年

新年あけまして
お芽でとうございます

a0155343_16373038.jpg

本年も
すばらしい
土の響きを
皆様に
お届け出来る様
つとめさせて
いただきます

どうぞ
よろしく根

追記

いまから
鹿野園にて
沢庵会議に
行ってきます
[PR]
by tuzukinomura | 2014-01-04 16:45 | いろはにほへと | Comments(0)